院長紹介
院長 加藤 正治 (Shoji KATO)  歯学博士

接着歯科治療専門医 ・ 指導医

Kato_9212.jpg










プロフィール

1990 東北大学 卒業. 

東京都新宿区にて勤務.大学では歯科理工学を専攻しながら民間企業に出向しセラミックス材料の基礎研究を行う.

1998 高輪歯科(診療部門)を開設と同時にハイドロキシアパタイトによる歯のケアに関する臨床研究を開始.2006年,研究成果をもとに東京医科歯科大学歯科学術講演会にて「ケア型チーム医療」と「セルフケア処方」を提唱.2010年にはデンタルサイエンススタジオ(研究部門)を併設.以来,歯科医療従事者を対象に講演会,セミナー,執筆活動を積極的に行っている.

最近では,日本経済新聞社主催「健康セミナー21」や同主催「丸の内キャリア塾」において市民向けに,またモスクワ,ソウルなど海外でも講演を行っている.診療室では,一人ひとりのリスクを分析したオーラルデザインで「未来の健康」を発信している.


略歴


1990 東北大学 歯学部 卒業 

1998 高輪歯科 開設

2006年 東京医科歯科大学歯科学術講演会 登壇

2010 ソウルにて接着歯科治療講演

2015 日本経済新聞社主催市民セミナー 登壇(〜2019

モスクワ国立第一医科大学 特別講師

2017 イタリア専門誌「Teamwork clinicCAD/CAM論文掲載

2018 韓国新聞に予防歯科特集 連載執筆

2020 モリタTRIOS(口腔内スキャナー)テクニカルインストラクター


日本接着歯学会 理事 

日本歯科理工学会デンタルマテリアルズシニアアドバイザー2部門認定
(歯科接着器材、予防歯科器材)ほか

主な所属学会


日本接着歯学会
 (理事)
日本デジタル歯科学会

日本スポーツ歯科医学会
日本歯科理工学会
日本歯科保存学会
日本顎咬合学会
日本矯正歯科学会
日本歯周病学会
日本口腔衛生学会
日本口腔検査学会

ほか

 
 
ミッションおよびビジョン
高輪歯科のミッション (健康ステーション構想)
Personalized Dentistry Based on Data
あらゆるデータをもとに一人ひとりの願いをかなえる歯科医療を展開する

高輪歯科では、患者様のさまざまなデータを集めて蓄積し、一人ひとりにあわせた歯科医療を提供しております。
健康を願うすべての人々が生涯にわたり自身のデータから有益なオーラルケアサービスを利用できるようにする「健康ステーション構想」の実現をめざして取り組んで参ります。


100歳超までご自身の歯(天然歯)で健康に過ごすためには、
予防のスタートラインと目標設定が大切です

当院では、一度健康の失われた歯であっても、患者様にとって最善の選択となるよう、あらゆる治療技術により回復を図るご提案をしております。取り戻した健康 は,定期的にプロフェッショナルケアをご受診いただき、バランスのとれたセルフケア(ホームケア)によって維持して参ります。
201506221534075968.png
 

 
 
高輪歯科ロゴマークの由来


2017081715124017977.png
高輪歯科のロゴマークは,
「T」の文字を3つ重ね合わせたものです.

Takanawa 高輪

Trust 信頼

Technique 技術
  

高輪の地で確かな技術をもって信頼される
歯科医院となることを志し,
1998年開業時に院長が自らデザインしたものです.